ペニスのコンプレックス解消!

ペニスにコンプレックスがある人へ


ペニスにコンプレックスはありますか?
こう聞かれたら大なり小なり「ある」と答える人がほとんどだと思います。

 

短小など、ペニスにコンプレックスを持っている男性の人口は年々増え続ける傾向にあり、
現代ではペニスコンプレックスを持っている日本人は男性の3人に1人はいると言われています。

 

ペニスサイズに関するデータとしてはイギリスの泌尿器科医協会が発行した機関誌の論文に
短小コンプレックスに関する調査が掲載されています。

 

その調査の中の自分のペニスを大きくする方法ペニスサイズに対する意識調査では、
「自分のペニスサイズが標準以上である」と回答した割合は全体の22%
「標準サイズである」と回答した割合は66%となっています。

 

以上のことから、全体で88%の人が、少なくとも自分のサイズは標準以下ではないと思っていることがわかったのです。
しかし、その一方で、自分のペニスサイズに満足しているかという質問にイエスと答えた人は
全体の半数、55%程度にしか上らなかったと伝えられています。
つまり、9割近くの人が自分のサイズは標準並、あるいはその上であると認識しながらも、
そのうちの3割強が自身のサイズに満足していないという結果になりました。

 

ではなぜ、標準〜標準以上というペニスサイズを認識しながらも、自身のサイズに満足することができないのでしょうか?
その背景には、何らかのきっかけにより、『自分は短小である』と思い込んでいる例が多く見受けられます。
これがペニスコンプレックスの原因ではないでしょうか。
大体がAV男優などと比較して自分は小さいと思った。
または小さいころに友人たちとペニスを見せ合った際に自分のペニスが友人と比較して小さかった
という経験から、成人になるまでずっとペニスにコンプレックスを持っていたという人が多かったのです。

 

つまり、男性は一度でも他人と比較して自分のペニスが小さいと思うと、
それ以後ずっと短小コンプレックスを抱いてしまう傾向にあることがわかったのです。
確かに成人になってからは他人とペニスを見せ合うと言う事もほとんどないので、
小さい時の記憶が刷り込まれてしまっている可能性があるのではないでしょうか。
また、AV男優と比べて小さいと嘆いても仕方はありません。
だって相手はそれが仕事ですからペニスが大きい人がAV男優になることが多いのはあたり前ですよね。

 

あなたは本当に短小ですか?
実は思い込みで思ってしまっているという人も多いのですよ。